FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.01
Sun
お米とぎ汁発酵中に、リンゴ一欠片、塩、豚切り身 漬け込み2日。
焼きました。
安い脂のない肉ですが柔らかくなおかつさっぱり。冷めても柔らかいままです。
こってりした生姜焼きモードの時には合わないけど気づけば、こってり生姜焼きもこってりカレーもまったく食べたくなくなっている。想像するけどムリな感じ…
何年か前、カフェで料理を作っていたときはそういえばこうやってメニュー組んでいたのだった、
「薄味」でひとくくりにされたけど、わかる人は慈味というのを感じてくださっていた。
今は、自分の身体を実験台にしてるだけだから、人には強要しないけど、食で身体もかわるとすれば踊りにも多大に影響あるよなあ。も少し繊細になれるかなあ。
スポンサーサイト
03.01
Sun
コンビニ断ち砂糖断ちから2ヶ月。
疲労感が全然変わり、快調。
老舗高級一口羊羹、いただかざるを得ない状況で、食べたら半日胃がもたれて夕食の味がボヤけていた
でもお酒と炭水化物の糖分は摂取するし完全な添加物排除なんて宗教チックになっていくのでそこまではしない、テキトー
になんだけど、
みりんや醤油を使わないで料理する方法をあみだし中。要は食材そのものが発酵する力を利用して甘みを引き出せれば…
で、実験中なのはお米とぎ汁による水キムチ液。
いろいろ、また後日報告。これ、漬け込み中。
レパートリーになってきたら美食日本酒会やりましょ〜(o^^o)
09.06
Sat
いただきものの巨大ズッキーニ、たくさんの茗荷。
子どもの頃は家に普通に生えてた茗荷なのにこんなに貴重な時代になってしまった。
ズッキーニは肉詰めにしてスープで蒸しました。
茗荷は梅酢に数日漬けて千切りにし、炊きたてのごはんに混ぜます。
よく母が作っていた夏のごはん。
私はパスタに応用。案外バターも合うかもしれない。

職場の仕事で夏祭りごはん。
徳島の野菜が生き生きとして触るだけで元気をくれました。
炊きあわせ、ラタトゥイユ、サラダ、

素材がよければ
普通にシンプルに料理するのが一番の礼儀だと思う。
お店をやっているプロのコックなら、素材をとことん生かした上で凝ったソースや扱いをできるでしょうけれど
しょせんこちらは「普通に料理」の域ですから、無理をしない、できること、感じる事のままに料理にする。

まったく舞台と同じ。
芸術全般に通じること。
まずは自らを「よい素材」に仕立てなければならない。
そのために恐ろしい年月がかかる。
やむおえず育ち上がらない時期の舞台なら、なるべくよくみせられるような演出や仕掛けも必要でしょう、
わざわざ負けてしまうような衣裳や振付けをすることはない。
育ち上がらない時しかないよさというのもあるからそれをとことん生かしてのっける、
というのもあるだろう。
仔牛肉を味わう術があるように。
子持ちの魚を味わう術があるように。
自分の「旬」がいつなのかも見極めないと。
いつのまにか過ぎてる場合もある、
なんども旬がめぐってくるタイプもある。
旬を過ぎて「熟成」したらどう料理する?

ソロならば、
全部全部、自分で見極めて決断しないといけない。
人前に提出する以上、舞台を踏む以上大切な考え方だと思っている。
美味しく食べていただく為に、
美味しく観ていただく為に。

さて今の私は・・・・

今回こそ、
素材で勝負。

IMG_1536.jpg
IMG_1540.jpg
IMG_1549.jpg
IMG_1550.jpg
IMG_1543.jpg
IMG_1615.jpg
IMG_1617.jpg
IMG_1620.jpg
IMG_1622.jpg

07.27
Sun
N氏主催のワインの会@銀座
N氏は、若き無名のアーティストを発掘して静かに見守り続けている、貴重な存在の方です。
そのセンスやこだわりは独自の感性だと思いますが、
独断でおしつけたり判断したり結論づけたり、といった多数の「趣味人」にありがちな
無責任さはまったくありません。
ただただ見守り続け、これぞ!という作品は必ず購入するなど。
私に関して言えば無名駆け出しの初ソロ公演以来、足繁く通って下さり、
そして必ず貴重な美味しいワインをたずさえて。
いつも静かに二言三言感想を伝えてワインを注いで下さいます。
IMG_1479.jpg

今回のワインの会の会場の画廊に展示していたアーティストも、
なるほど・・・な、N氏の優しさが作品を通して届くような清涼感あるものでした。
参加している方皆さんも穏やかで自分を主張したり語りすぎたりといった
こうした場に起こりがちなちょっとうざい空気とは無縁の「まっすぐ」な方ばかり。
この参加者と場所のチョイスにN氏の優しさはもちろん、
そしてゆるぎないご自分の感性への自信を感じました。

もちろんワインは素晴らしく、
どうやって入手するのかといった貴重なものをこれまた吟味してご用意され、
猛暑の銀座ですから、きちんと息子さん夫妻をボディーガードにお連れになり、
素晴らしい会でした。
IMG_1477.jpg

IMG_1464.jpg
IMG_1466.jpg

今日の最高のとっておきを大切に抱っこして画廊を一周するN氏。
さらに美味しくなるようなおまじないみたい。。。
IMG_1467.jpg

ワインラベルをにらめっこする批評家志賀氏
IMG_1465.jpg
そして志賀氏の自作のパン!!
IMG_1455.jpg

IMG_1478.jpg

07.26
Sat
久しぶりのヒット作。
このところ私ブームの沖縄生もずく料理。
もずくとトマトは相性が良い気がする、
で生まれたもずくトマトスープは朝ご飯に、
お素麺と半々にしたもずく素麺はダイエットに、
そしてこのもずく天ぷらもトマトと生姜入り。
体の中が充電されてゆく至福。。。。。

IMG_1451.jpg

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。