FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.30
Sun
室の聲表out
室の聲裏out

スポンサーサイト
10.30
Sun
2011年7月の最期の日、父が死んで、
姉が抱いた骨になった父に、最期にいた部屋からの海景色をみせた。
さあ帰ろうねと開けた玄関ドアに一匹の大きなミンミンゼミが大聲で啼いて留っていた。
横浜の大倉山に住んでいた時代、
15年はいたかな、ヒグラシは、7月の終わりから8月初旬に啼く蝉
だった。。。間違いはなかったよ、それをいつも時節の項で踊りにしていたのだし。
父が死んで中野に引っ越してから、ヒグラシの啼き声をきくことはなくなりました。
でも、うちの周囲は大きな樹が茂る神社です。
この季節、日の出とともに一番鳥が唄い、鳩が伴奏、追って蝉時雨が交響曲を奏でる夜明けです。ムクドリのせっそうのないはしゃぎぶりにいやでも覚醒させられます。
ひとしきり朝を告げると、しめしあわせたようにすべての鳥も蝉もぱたりとしずまりかえります。
・・・どこへいくのかなぁ??
惰眠をむさぼるにはもってこいのしばしの静寂。。
もつかのま、
8時をまわると、ぎらぎらのお日様とともにミンミンゼミ、クマゼミやらの大合唱で夏の一日。
暮れを待っても、ヒグラシの聲がきこえない、、、、
、、、ただいま深夜2時。
満載の深夜蝉時雨です。
毎晩の大交響曲、真夜中の蝉。
朝を告げる前に、やはり眠るんだろか、、、。
父は、この聲を聞きながら静かに眠って、
きっと、また朝がくると思っていたのかもね、
そこへ、私と姉がやってくると思っていたのかもね、
、、、
だから、夕暮れ時の、ヒグラシは、
私には聞こえないんだろうなあ。。。。
IMG_0349_convert_20160804023304.jpg


10.26
Wed
いよいよ明後日!初日を迎えます。
ご予約いただいている皆様、ご興味いただいている皆様、
誠にありがとうございます。
ご来場予定で、まだ日時をお知らせいただいてない場合、
恐縮ですがお早めにご連絡をお願い致します。
今回、客席を変形で組ませていただく予定です。
席数がぎりぎりとなりますので、ご来場人数を把握しておきなるべく皆様が観やすいようにいたしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

なお、チラシに記載できませんでした情報として、
音響を津田健太郎さんにお願いする事になりました。
繊細で丁寧なオペレーションをしていただけますこと、楽しみにしております。


横滑ナナ 舞踏ソロ公演「室の聲」
舞踏 横滑ナナ
照明 早川誠司
音響 津田健太郎
宣伝写真 小野塚誠
10月28日(金)20:00
10月29日(土)20:00
10月30日(日)19:00
前売 2000円
当日 2500円
お問合せ/ご予約 nanasuberry@gmail.com

Butoh Solo;Nana YOKOSUBERRY / Light&Sound;Seiji HAYAKAWA /
Date;2016Dec.28fri.20:00start 29sat.20:00start 30sun.19:00start / Place;KID AILACK ART HALL /
Tickets;Advance¥2000 At the door¥2500 / Information&Reservations;nanasuberry@gmail.com
Photo;Makoto ONOZUKA

横滑ナナ プロフィール Nana YOKOSUBERRY
1967年生まれ。美術、演劇活動を経て、1998年頃より踊りはじめる。
2004年~2015年舞踏家大森政秀に師事。
2006~2010年、月一回の野外舞踏ソロシリーズ「ゆふつづ抄」開催。
2006年よりテルプシコールを中心にソロ舞踏作品発表、年1〜2回の公演開催。
2011年ソロ作品「とんがらづき」により第43回舞踊批評家協会新人賞受賞。
聡明堂ビデオダンス作品出演他、きいろろ聡明堂、ラグロット、中野サイプレスなどの小規模スペースにて独自の体と向き合う試演を随時開催。
http://nanasuberry.wix.com/yuhutsudu-sha
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。