FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.05
Wed
ご来場ありがとうございました。
身体が在ることで空間が変幻する、
風景が生まれる。
ずっとそれを追求したく、
でも、
個の問題や潜在を浄化できなければ其処へ到ることができない…
その葛藤の年月でした。
そこはいつのまにか、脱却したかなと感じた最近、やっと此処へ向かう覚悟。
でも、残るものもある、
それが滲み出る、から舞台は面白い。
「おそろしいくらい動かない」笑
さあて。。

以下、
北里義之さんよりレポート

4月2日(日)東陽町.kiten「無意識の断層」にて、舞踏の横滑ナナさんによるパフォーマンスがありました。天井から垂れ下がるレシートのインスタレーションは、公演ごとに異なる舞台装置として模様替えされるのですが、この日は垂幕のように中央で大量に束ねられ、ステージを歩行していく踊り手の姿を、まるで森の樹々の間をさまよう散策者のように見え隠れさせていました。南阿豆、亞弥、榎木ふくといった舞踏家のみなさんとの大きな違いは、そこにあらわれたのが、あるイメージを帯びて踊る身体ではなく、まさに空間そのものを主人公にしてある風景を立ち上げるところにありました。公演冒頭、上手に背中向きでたたずんだ踊り手は、長い時間をかけてふりかえると、一歩、また一歩と観客の前に歩み出し、レシートの枝葉を右手にふりあおぎつつ迂回、緊張感をキープしながら森のなかを歩いて空間を少しずつ切り開いていきました。ゆっくりと床に沈みこんでいくようにすわったり、蹲踞の姿勢のまま床上を移動したり、垂れ下がるレシートの房の下を赤ん坊のようにはいまわるなどされ、床上に落ち葉のように重なったレシートの山に顔をつっこんで食らいつく場面もありました。いつになくさかんな照明の変化は演劇的な場面を作り出し、最後に横滑さんがレシートの森の前に立ったクライマックスでは、真昼のようにまばゆい光の渦が踊り手を包みました。次回公演は4月8日(土)、暗黒舞踏の犬吠埼ヂルさんによる「おっぱい節…邪馬台国=八つ墓村論」です。■

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。