FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.09
Fri
私は前半ボディーワークを担当、後半はフルートの狩俣さんガチ即興!
たいへんに勉強になったし有意義でした!
この場をくださるAya Tanakaさま、そして参加者の方々感謝♡
わたし個人としては、稽古の8割は「身体づくりと身体メンテナンスのかけひき」につきる、と思っている、
踊り、舞踏的アプローチは、集中力をマックスにして万全の状態で抽出できる数分にもっていけるかどうか、が、すべて。
・・・ま、それは理想境なんだけどね、
だからこそ日々の地味トレは欠かしたくないんだけど〜〜〜汗
私生活、体調、なんやかんやうまくいかないときは、
身体づくり、メンテナンス、とか、を後手にして、
ど〜にか表現レベルを維持しようとか、焦って、やはり、そこの無法地帯観は身体をだらしなくさせて、
肝心な表現に「嘘」と「言い訳」を用意せざるをえなくなる。
まあ、「表現」とかっていうところに言葉をもっていくことがそもそも違うのだけど、平たい話としての・・・・
「横隔膜の屋根と骨盤底筋群の床」それを按配する大腰筋とか・・・連動させる前鋸筋とか・・
と、なんかもう少しよい語彙はないだろうかの模索にもかかわらずな地味筋トレの一時間を真剣に行って
「おお!」と発見してくださった参加者の皆様、感謝。
そんな身体の3Dをみんなで意識していると、
超地味筋トレのアプローチもものすごく「表現」の現場に密着、密接していると気づいていただけて会話もはずんでのワークショップ。
これは私個人の感覚だけど、後半の狩俣さんのセッションで、独りじゃできない身体の瞬発観を発見できました。皆さんのエネルギーあっての体験でした。
やっぱね〜〜表現の現場にいる人たちは素晴らしいです、
嬉しいです、ありがたいです、
ますます私も勉強して、自分の言葉をもっと深めていきたいです。ありがとうございました。
次回楽道庵ワークショップは、11月28日ナナスペシャルです!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。