FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.23
Mon
ペットボトル500円玉貯金2年がかり、が貯まったので
梅雨入りしたばかりの6月、伊勢神宮へ一泊二日バスツアーで行ってきました。
近畿、東海、関東豪雨の天気予報に覚悟を決め、雨合羽にレインシューズ、
日焼け止めは完璧に用なし!
の完全装備でバスに乗り込んだものの・・・・

なんと静岡に入った辺りからみるみる雲が切れ青空が出現、
浜名湖の湖面キラキラ
あわててパーキングで日焼け止めを購入・・う〜ン無駄な出費をしてしもうた。

昼過ぎに到着した伊勢神宮下宮でもまさかのピーカン、
雨上がりの緑の美しいこと!
はいてるレインシューズがうざい。。

意外にもシンプルで品の良い鳥居、よけいな説明看板や賽銭箱がなく、
なんて商売っけないんでしょ、、って、ここ神様のいるところだからね。
その神様も一般人には観ることができません。お寺へ行くと嫌というほど(?)
観音や菩薩が顔をだして「拝んで下さい」と主張しているけれど、
神宮にはまったくそれがない。
ただただ鳥居の向こうの閉じた門ごしに覗き見て手を合わせるのみ。
清涼な「気」そして大きな樹々、聖地。
IMG_1365.jpg

IMG_1364.jpg


IMG_1394.jpg



手をかざすと「気」が出ているという岩、これにもなんの説明書きもないのだけれど、
ほんとうに、手をかざすと温泉でも湧いているかのようにあたたかい。

IMG_1361.jpg

IMG_1348.jpg

IMG_1357.jpg


お決まりコースの夫婦岩も晴天。
案外すごい海岸に近いとこにある。
IMG_1370.jpg

宿では、露天風呂堪能できるまで晴天で、夜中から朝までは梅雨らしいしとしと雨、
やっぱり明日は雨かしらと思いきや、またもや2日目出発の朝、
肝心の内宮へ向かう道すがらどんどん晴れて・・・
内宮入口ではまたもやキラキラ
IMG_1413.jpg

主宮へたどりつくまでにはたくさんの参拝者と参道を歩くのですが、
日本人が多いことにホッとしました。
明治神宮も、浅草も、銀座でも、渋谷でも、気がつくと外国人のほうが多いと感じる昨今。
ここでは、日本人観光客ツアーや学生の団体、会社員の参拝団体、、はたくさんですが、
よくある海外からのツアーの列や観光客はほとんど見かけませんでした。
聴こえてくる言葉も日本語ばかり。
これだけの美しい気をたたえた、俗にいう「パワースポット」なのに、と考えるに、
日本へ旅に来てここをコースに入れるにはやはり難しい立地なのでしょう。
そんなことを思いながら、自分がここへ来れたことに感謝感謝。
この先へは一般は立ち入れません。撮影もできません。
例によって「その」気配を覗き見。
でも、この4重に囲われた塀のむこうに、確かにアマテラスがいる、
そして、私にはその気配が、確かに「みえた」と思いました。
全身がぞわぞわとして、知らず知らず涙がこぼれて止まりませんでした。
不思議な体験でした。
IMG_1396.jpg

主宮のまわりにはたくさんのちいさな社があります。
ガイドさんに聞けば何かわかりますがとにかく説明看板がない。
これはなんだろ?
と推理しつつ、手をあわせ、
神の道って、「教え」ではなく「感謝」なのだと、
けっして主張も強要もしないのが神様なんだ。。。
IMG_1403.jpg


IMG_1404.jpg


IMG_1405.jpg

内宮の参道であるおかげ横町、
地酒白鷹を立ち飲みできるカウンター、塩だけがアテ、いい感じ。
観光地って、トイレとかすごい汚いものだけど、
どういうわけか普通の公衆トイレ長蛇の列だったりするのだけど、意外に奇麗に使われているのです。
やはり、気持ちが清涼になるからなのかなあ、確かに神様はいるんだよ。

IMG_1422.jpg


IMG_1418.jpg


IMG_1420.jpg


IMG_1421.jpg

これは宿でのお食事、プラス500円のオプションでたのんだバーベキュー、
なんでイタリアの舟に乗ってるんだか解んないけどこれ全部焼いて食べた!
さすがに食べ物多すぎるとお酒はほどほどにしかいけません。
IMG_1379.jpg

忘れていた、ここは伊勢だから、伊勢エビ。
お味噌汁が美味しかったかな〜。
IMG_1375.jpg


IMG_1385.jpg

IMG_1380.jpg

お土産♡
気分上々!
IMG_1429.jpg






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。